全てお任せの時代は終わりました

管理会社にすべて丸投げからの脱却

多くの管理会社は保険代理店でもあります

しかしほとんどの管理会社は日新火災の商品は取り扱っておりません。
保険だけに限りませんが管理会社の提案以外からの見積もりも比較されることが管理組合の公平性と透明性に繋がります!

 

今まではマンション管理だけでなく保険も管理会社にお任せで更新してきたかもしれません。

 

 

 

全てを管理会社に任せる時代ではないよ

 

利益相反の状況を打破するのはマンション管理組合の誰かが立ち上がらないと変わりません。見直しを実施したマンションは全て主体的に組合が動いでいます。
管理会社からこの情報を提供されることはおそらくないでしょう。

 

こうお話された管理組合理事長がいらっしゃいました。

 

適切な修繕積立を実行していくために!!

 

公平性と透明性のある運営を行うために!!

 

健全な会計管理、修繕計画等、管理組合が主体的に行う必要が迫られています。管理費だけに限らず満期時における保険の比較も
管理組合が主体的に行うことで割安な保険料を実現された組合がある一方で、すべて管理会社に任せているが故に2〜3倍に値上がりしたにも関わらず仕方なく(情報収集することもなく)そのまま更新されてる組合もあります。

 

 

 

今までいくつかの管理会社ご担当より直接マンション管理適正化診断サービス、またはお見積りの依頼を受けたことがあります。そのすべての管理組合で私がご案内させていただいたマンションドクター火災保険(共有部分火災保険)を選んでいただきましたが、この管理会社の管理組合のために尽力する姿勢はとても素晴らしく思います。あなたのマンションの管理会社はいかがでしょうか?

 

札幌市内ではマンション管理士が定期的に相談会を実施しています。マンション管理の疑問・悩み等に良いアドバイスがもらえるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

⇒マンションドクター火災保険ご契約者の声

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ