過労死ライン


定期投稿です。

過労死ラインという言葉を聞いたことがありますか?過労死ラインとは健康障害リスクが高まるとする時間外労働時間を指す言葉で月80時間の時間外労働が続く状態(1か月の労働日を20日とする1日4時間)とされいます。これは「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」(平成13年12月12日付け基発第1063号厚生労働省基準局長通達)によります。つまりこの通達は「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月ないし6か月間にわたって、1か月間あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務との関連性が強いと評価できる」としたのです。

これは簡単に言えば労災事故に限らず心疾患、脳疾患、精神疾患なども労災の対象になる可能性が高まったとうことです。さらにこの精神疾患による自殺なども過労自殺と認定されていますね。最近でも有名大手企業でありました。これが中小企業ならその可能性はもっと高まるわけです。厳しい経済環境で少数の人員で運営されている中小企業がほとんどです。プレミアムフライデーなんて当然ありません。そんな中小企業が行政の定めた労働基準を完璧に遵守して会社運営が成り立つでしょうか?もし労災事故が起きれば政府労災からの給付があるでしょう。民間保険会社で上乗せ労災保険に加入してれば死亡保険金なども出るでしょう。しかしそれだけで備えは万全でしょうか?

従業員の労災事故で弁護士から訴状が届き億単位の賠償請求なんてことも実際にあるのです。

政府労災では慰謝料は出ません。任意労災でも使用者賠償特約をつけていないと出ません。そしてその使用者賠償の保険料水準が各社違います。

中小企業経営者はより法改正により使用者リスクが一層高まっています。一度のそういった賠償で経営破たんの事態にならないようにしっかりした備え、または見直しをしましょう。    →経営者が従業員から訴えられる時代

ひかり保険サービスHP


返済不要の助成金を利用して人材を育成しよう!


こんばんは。主に中小企業へ向けた様々な国の助成金があるのをご存知ですか?なんとなく聞いたことはある程度、、、です、私も。実はこの助成金申請のスペシャリストの社会保険労務士と提携しております。既存の顧問労務士がいらっしゃる企業が当然多いと思いますが、彼らはリスクを嫌いこの助成金申請を経営者に進言していないことが意外にも多いのです。つまり専門知識がより必要のようです。

制度導入には、事前に計画書を作成・提出→職業能力開発推進者の選任→導入制度を就業規則へ規定→労働者に制度を適用の流れのようです。主なものに、セルフ・キャリアドッグ制度、教育訓練休暇制度、技能検定合格報奨金制度、社内検定制度が助成メニューを組み合わせて活用することができるようで、平成29年4月1日現在で47.5万円~190万円の助成金を受け取れる可能性があるようです。

お金をもらえる話です。興味のある方は声をかけていただければ助成金申請のスペシャリストをご紹介いたしますよ~~

なんか他にも数えきれないくらいの助成金一覧がありましたが、私はその専門家ではないのでよくわかりません(笑)

それではまた

マンション管理組合の救世主 ひかり保険サービスHP


過労死ラインに未達でも過労死認定!!


こんばんは。皆様、楽しいGWを過ごされましたでしょうか?さて、この連休中にまた驚きのニュースが報道されました。既に皆様ご存知かと思いますが2015年に山口県で亡くなられた女性に労働基準監督署が過労死認定されたのです。なにが驚きか、、、以前お話したように過労死認定と判断されるにはいくつかの基準がありますが代表的なのがいわゆる過労死ライン(簡単に言うと当該労災発症前の1か月で100時間か、2~6か月の平均月80時間の時間外労働)なのですが、今回はその基準は満たしていなかったのです。遺族の代理人弁護士によると、女性の平均残業時間は過労死ラインを下回っていたが、休日労働の多さを訴えそれが認められた形です。な、なんと亡くなる前の半年間で休日がたったの4日だったそうです。これは確かに酷いですね。亡くなった女性とそのご遺族は本当に気の毒でなりません。

今回、新たに前例のない過労死認定があったことで、また一層企業に対する労災防止意識の有無を厳しく問われる時代に突入しました。大手ならできるけど、、、ってよく聞いてましたが大手のD通でもニュースで報道されてましたよね、またつい最近。これが中小、零細企業ならどうでしょうか?もっともっとリスクが高いと言わざるをえません。もちろん労災事故(過労死、過労自殺、疾患も含みます)が無いのが一番望ましいことです。しかしこれは顕在化しない過労死予備軍がたくさんいらっしゃる、そしてそれをその家族や企業が把握するのがとても難しいことがリスクであると私は感じています。私が勧めている労災あんしん保険、これは企業側のリスクを主に補てんするものといえます。しかし保険で賄えるものは100%じゃないんですよね。従業員は事が起きる前に、未然に回避する手立てがなかなかないという現実が恐ろしいです。責任感が強い、勤勉、仕事第一的な日本人の風土がそうさえるのでしょうか。

日新火災の労災あんしん保険には無料のストレスチェックサービスがついています。企業は潜在的なリスクを把握して未然に対処していくことが必要です。保険で賠償金は補てんはできても名声やイメージまでは補償できません、また命や健康や時間は戻ってきません、遺族の悲しみや怒りも同様です。

ひかり保険サービスHP


労災訴訟王国に日本もなるかも?!


最近また知り合い(私の契約者ではありません)の会社で訴訟が起きています。労災上乗せは加入しているが使用者賠償、雇用関連賠償は付保されていないようです。おおそらく最終的には企業側が負けると思っています。なぜなら?私のまわりで企業が勝訴したケースを聞いたことがありません。そもそも企業が勝訴するようなケースで訴訟に発展しないのでしょうけどね、、、

以下、過去記事です。

訴訟王国アメリカでは驚くような内容の裁判が行われ我々日本人の感覚ではありえないような判決になる事例をしばしば目にします。しかし実は日本でも状況が変わってきています。一般的に労災は不慮の事故的イメージがありました。そして昨今はパワハラ等の職場環境による鬱等の精神疾患、さらに過労自殺も次々に労災認定されているのはニュースをご覧になり知っている方も増えてきました。昨日お話した過労死ラインという基準が行政で定められてとりわけ従業員の皆さんは労災への意識が強くなってると言えます。一方で経営者の皆さんはいかがでしょうか?北海道は全国でも上乗せ労災(政府労災の上乗せで加入する民間保険会社の商品)への加入率がかなり低いと言われています。従業員の労災への意識と経営者のそれに対する危機意識の少なさにギャップを感じずにはいられません。

にわかに経営者責任は注目されるようになってきましたが、実はもっと以前から驚くような判例がすでに出されていました。それは急性アルコール中毒で労災死を認定したケースです。「飲酒はストレスが原因である」と判断されたのです。要約するとシステムエンジニアであった男性(当時25歳)が大量に飲酒して死亡したのは業務上のストレスが原因であったとし、男性の両親が勤務先のIT会社に1億円の損害賠償を求め、裁判所は「死亡と業務の間には因果関係が認められる」として、約6000万円の支払いを命じたのです。男性が精神障害を発症したのは「業務で受けた心理的負荷に起因する」と指摘。そのうえで「飲酒行為は精神障害によって正常な認識が著しく阻害された病的心理下で行われたものだ」と認定。                →こちらのニュース記事

実際の真偽はわかりません。しかし少なくても裁判所はこのような判断をします。正直言ってこれは自賠法のような実質無過失責任に限りなく近いと思いませんか?誰にだって業務上のストレスはありますよね?誰にだってストレス発散方法もありますよね?お酒を飲みすぎて、、、ドライブで事故を起こして、、、運動中に倒れて、、、食中毒を起こして、、、理由がなんであれ不運ながら亡くなる方はいます。これらすべてが会社相手に訴訟を起こせば上記のシステムエンジニアのように損害賠償命令が出る可能性が極めて高いのです。これって経営者からすると相当高いリスクと言えるのです。

北海道の経営者の皆さんは今一度よく考えてみてください。日新火災の労災あんしん保険なら
そのような場合に対応でき、かつ保険料水準もかなり強いです。まだ備えてないならばぜひ早急に、既に加入されてるなら見直しによる比較を!                     →日新火災の労災あんしん保険

ひかり保険サービスHP


経営者は労災訴訟に備えるべき時代


訴訟王国アメリカでは驚くような内容の裁判が行われ我々日本人の感覚ではありえないような判決になる事例をしばしば目にします。しかし実は日本でも状況が変わってきています。一般的に労災は不慮の事故的イメージがありました。そして昨今はパワハラ等の職場環境による鬱等の精神疾患、さらに過労自殺も次々に労災認定されているのはニュースをご覧になり知っている方も増えてきました。昨日お話した過労死ラインという基準が行政で定められてとりわけ従業員の皆さんは労災への意識が強くなってると言えます。一方で経営者の皆さんはいかがでしょうか?北海道は全国でも上乗せ労災(政府労災の上乗せで加入する民間保険会社の商品)への加入率がかなり低いと言われています。従業員の労災への意識と経営者のそれに対する危機意識の少なさにギャップを感じずにはいられません。

にわかに経営者責任は注目されるようになってきましたが、実はもっと以前から驚くような判例がすでに出されていました。それは急性アルコール中毒で労災死を認定したケースです。「飲酒はストレスが原因である」と判断されたのです。要約するとシステムエンジニアであった男性(当時25歳)が大量に飲酒して死亡したのは業務上のストレスが原因であったとし、男性の両親が勤務先のIT会社に1億円の損害賠償を求め、裁判所は「死亡と業務の間には因果関係が認められる」として、約6000万円の支払いを命じたのです。男性が精神障害を発症したのは「業務で受けた心理的負荷に起因する」と指摘。そのうえで「飲酒行為は精神障害によって正常な認識が著しく阻害された病的心理下で行われたものだ」と認定。                →こちらのニュース記事

実際の真偽はわかりません。しかし少なくても裁判所はこのような判断をします。正直言ってこれは自賠法のような実質無過失責任に限りなく近いと思いませんか?誰にだって業務上のストレスはありますよね?誰にだってストレス発散方法もありますよね?お酒を飲みすぎて、、、ドライブで事故を起こして、、、運動中に倒れて、、、食中毒を起こして、、、理由がなんであれ不運ながら亡くなる方はいます。これらすべてが会社相手に訴訟を起こせば上記のシステムエンジニアのように損害賠償命令が出る可能性が極めて高いのです。これって経営者からすると相当高いリスクと言えるのです。

北海道の経営者の皆さんは今一度よく考えてみてください。日新火災の労災あんしん保険なら
そのような場合に対応でき、かつ保険料水準もかなり強いです。まだ備えてないならばぜひ早急に、既に加入されてるなら見直しによる比較を!                     →日新火災の労災あんしん保険

ひかり保険サービスHP


過労死ラインで経営者のリスク増大


過労死ラインという言葉を聞いたことがありますか?過労死ラインとは健康障害リスクが高まるとする時間外労働時間を指す言葉で月80時間の時間外労働が続く状態(1か月の労働日を20日とする1日4時間)とされいます。これは「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」(平成13年12月12日付け基発第1063号厚生労働省基準局長通達)によります。つまりこの通達は「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月ないし6か月間にわたって、1か月間あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務との関連性が強いと評価できる」としたのです。

これは簡単に言えば労災事故に限らず心疾患、脳疾患、精神疾患なども労災の対象になる可能性が高まったとうことです。さらにこの精神疾患による自殺なども過労自殺と認定されていますね。最近でも有名大手企業でありました。これが中小企業ならその可能性はもっと高まるわけです。厳しい経済環境で少数の人員で運営されている中小企業がほとんどです。プレミアムフライデーなんて当然ありません。そんな中小企業が行政の定めた労働基準を完璧に遵守して会社運営が成り立つでしょうか?もし労災事故が起きれば政府労災からの給付があるでしょう。民間保険会社で上乗せ労災保険に加入してれば死亡保険金なども出るでしょう。しかしそれだけで備えは万全でしょうか?

従業員の労災事故で弁護士から訴状が届き億単位の賠償請求なんてことも実際にあるのです。

政府労災では慰謝料は出ません。任意労災でも使用者賠償特約をつけていないと出ません。そしてその使用者賠償の保険料水準が各社違います。

中小企業経営者はより法改正により使用者リスクが一層高まっています。一度のそういった賠償で経営破たんの事態にならないようにしっかりした備え、または見直しをしましょう。    →経営者が従業員から訴えられる時代

ひかり保険サービスHP


労災訴訟なんでもあり!?


訴訟王国アメリカでは驚くような内容の裁判が行われ我々日本人の感覚ではありえないような判決になる事例をしばしば目にします。しかし実は日本でも状況が変わってきています。一般的に労災は不慮の事故的イメージがありました。そして昨今はパワハラ等の職場環境による鬱等の精神疾患、さらに過労自殺も次々に労災認定されているのはニュースをご覧になり知っている方も増えてきました。昨日お話した過労死ラインという基準が行政で定められてとりわけ従業員の皆さんは労災への意識が強くなってると言えます。一方で経営者の皆さんはいかがでしょうか?北海道は全国でも上乗せ労災(政府労災の上乗せで加入する民間保険会社の商品)への加入率がかなり低いと言われています。従業員の労災への意識と経営者のそれに対する危機意識の少なさにギャップを感じずにはいられません。

にわかに経営者責任は注目されるようになってきましたが、実はもっと以前から驚くような判例がすでに出されていました。それは急性アルコール中毒で労災死を認定したケースです。「飲酒はストレスが原因である」と判断されたのです。要約するとシステムエンジニアであった男性(当時25歳)が大量に飲酒して死亡したのは業務上のストレスが原因であったとし、男性の両親が勤務先のIT会社に1億円の損害賠償を求め、裁判所は「死亡と業務の間には因果関係が認められる」として、約6000万円の支払いを命じたのです。男性が精神障害を発症したのは「業務で受けた心理的負荷に起因する」と指摘。そのうえで「飲酒行為は精神障害によって正常な認識が著しく阻害された病的心理下で行われたものだ」と認定。                →こちらのニュース記事

実際の真偽はわかりません。しかし少なくても裁判所はこのような判断をします。正直言ってこれは自賠法のような実質無過失責任に限りなく近いと思いませんか?誰にだって業務上のストレスはありますよね?誰にだってストレス発散方法もありますよね?お酒を飲みすぎて、、、ドライブで事故を起こして、、、運動中に倒れて、、、食中毒を起こして、、、理由がなんであれ不運ながら亡くなる方はいます。これらすべてが会社相手に訴訟を起こせば上記のシステムエンジニアのように損害賠償命令が出る可能性が極めて高いのです。これって経営者からすると相当高いリスクと言えるのです。

北海道の経営者の皆さんは今一度よく考えてみてください。日新火災の労災あんしん保険なら
そのような場合に対応でき、かつ保険料水準もかなり強いです。まだ備えてないならばぜひ早急に、既に加入されてるなら見直しによる比較を!                     →日新火災の労災あんしん保険

ひかり保険サービスHP


過労死ライン


過労死ラインという言葉を聞いたことがありますか?過労死ラインとは健康障害リスクが高まるとする時間外労働時間を指す言葉で月80時間の時間外労働が続く状態(1か月の労働日を20日とする1日4時間)とされいます。これは「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」(平成13年12月12日付け基発第1063号厚生労働省基準局長通達)によります。つまりこの通達は「発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月ないし6か月間にわたって、1か月間あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務との関連性が強いと評価できる」としたのです。

これは簡単に言えば労災事故に限らず心疾患、脳疾患、精神疾患なども労災の対象になる可能性が高まったとうことです。さらにこの精神疾患による自殺なども過労自殺と認定されていますね。最近でも有名大手企業でありました。これが中小企業ならその可能性はもっと高まるわけです。厳しい経済環境で少数の人員で運営されている中小企業がほとんどです。プレミアムフライデーなんて当然ありません。そんな中小企業が行政の定めた労働基準を完璧に遵守して会社運営が成り立つでしょうか?もし労災事故が起きれば政府労災からの給付があるでしょう。民間保険会社で上乗せ労災保険に加入してれば死亡保険金なども出るでしょう。しかしそれだけで備えは万全でしょうか?

従業員の労災事故で弁護士から訴状が届き億単位の賠償請求なんてことも実際にあるのです。

政府労災では慰謝料は出ません。任意労災でも使用者賠償特約をつけていないと出ません。そしてその使用者賠償の保険料水準が各社違います。

中小企業経営者はより法改正により使用者リスクが一層高まっています。一度のそういった賠償で経営破たんの事態にならないようにしっかりした備え、または見直しをしましょう。    →経営者が従業員から訴えられる時代

ひかり保険サービスHP


これが労災紛争だ!


昨日、労災にまつわる研修会&懇親会が某ホテルにて行われました。スピーチまでさせられました。パワハラだ!(冗談ですが相手がそう感じればその可能性もある昨今の労災事情)そこではいわゆる政府労災の上乗せ保険で長年実績を積み重ね未だにバリバリ飛び込み営業を実践しながら後進の指導を行っている講師が招かれました。まぁ色々営業手法等の講演をいただいたのですが、最後に実際にあった労災紛争のお話をいただきました。新聞やニュースで報道されるような労災にまつわる事故や訴訟は事案が大きくてどことなく他人事で聞いてる節があるし多くの中小企業経営者も同様なんだと思います。平成27年の全国労災死傷者数は116,311人(厚生労働省 職場の安全サイトより)もいますが、人数のわりには公になっていないものがとても多い。その理由の一つに調停で解決するケースが多いのだそうだ。調停は当事者間の合意によって紛争の解決を図ることを目的とするもので裁判外紛争解決手段(ADR)の一つ。紛争の円満な解決を目的とするもので解決に要する時間も短く(約3か月)、申立手数料も訴訟に比べ安く、合意(調停調書)は判決と同じ効力をもつ。私たち保険代理店は営業でパンフレットからの引用で”訴訟”という言葉ばかり使っていますが調停との違いの一つに訴訟による裁判は当事者以外の第三者が傍聴できるのに対し、調停はそれがない。
(だから離婚は調停なんですね。ある俳優が離婚訴訟による裁判まで発展して傍聴者に暴露されまくっていたようで、、、)それにより労災情報が耳に届きにくいのかもしれませんが調停による損害賠償でも3000万円くらいは普通にあります。一般的な中小企業に払える金額ではありませんね。

先日のD通の労災事故は過労自殺と認定されましたね。上乗せ労災で過労自殺が対象になっていますか?さらに損害賠償が発生した場合のために使用者賠償は備えられていますか?鬱等の精神疾患、パワハラ訴訟等は対象になっていますか?

ひかり保険サービスHP