AGEとの出会い


こんにちは。私は砂糖断ってついに4か月目突入です。根性とかではなく欲しいという欲求がもうないのです。40年砂糖中毒だったのに、、、。さらにグルテンもなるべく断ち(これは多くのもの含まれているので完璧にやると何にも食べれないレベルなんで選択する、あとは普通にパン、麺系は摂らないが基本)、そしてローカーボ、カーボとはcarbohydrate、カーボハイドレイト、要は炭水化物です。私は筋肉を委縮させたくないので米も糖質系野菜も摂りますが、夕方以降は基本的に摂りません。夜にかけては脂肪燃焼タイムなので。話せば長いので割愛しますが(笑)ただ痩せる、体重を落とすでのはなく、筋肉を維持、向上させながら脂肪を落とすってことが奥が深く時間も要するので、食べないのは絶対NGです。よくある〇〇ダイエット的なのは危ない、、、

こんな感じで肉体作り、健康のための栄養学はざっくり承知していましたが先日初めて耳にした言葉がAGEなんです。これはたまたま先日同窓会で再会して健康ダイエットトークをした同級生女性が「AGE値が実年齢より10歳以上若くて嬉しかった」って話してくれたんです。聞いてさらに調べました。AGE(終末糖化産物)は簡単に言えば老化を促進する物質です。これまで老化といえば体内で起こる活性酸素による酸化が常に注目されきました。皆さんもおそらく聞いたことがあると思います。しかし最新の研究で酸化以上に注目されてきたのが糖化なんです。

糖化というのは体内に入った糖質が体内のたんぱく質と結合して茶褐色のAGEと呼ばれる物質に変化して、そのれにより肌が劣化していくのだそうです。

皮膚や肌のコラーゲンはタンパク質なのでこの糖化の影響を受けやすいのです。肌が黄ばんだり透明感がなくなったりもその影響です。

筋肉鍛えて脂肪を削って素敵ボディ、筋力、機能性があってもシワシワでは嫌だなと思い、どうせならアンチエイジングやってしまおうって話です(笑)私は今まで肌の手入れなんてまったくしてませんし無頓着でしたが、私に多大な好影響を及ぼしている女性が凄いんですよ、徹底ぶりが(笑)まあ、パックとかはしませんが食事は意識していこうと。

〇〇ザップなどで広まったケトジェニックとは反するのはステーキとか焼いた肉はAGE的によろしくないらしいので、私は焼肉、ステーキとはたまにしか会わないことにしました(泣)

ここにAGE測定推進協会のHP 貼っておきます。
AGE値の高い、低い食べ物も記載されてます。アンチエイジング生活すると健康診断が楽しみになりますよ~~~

では、また

マンション管理組合の救世主 ひかり保険サービスHP

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です